ハレの国、岡山の『ワクワク』と『美味しい』情報をありのままアラサー女子目線でお届け!

天満屋ニューブランドとして「天満屋饅頭」半世紀ぶりに復刻!お茶菓子&手土産におすすめ♪

12月23日に発売開始された「天満屋饅頭」をご存知ですか?

半世紀前に天満屋で販売されていたという幻のおまんじゅうが、復刻!!

SNSでも話題になっているのをよく見かけていて、出遅れましたが私も購入してきました。

場所は、天満屋岡山店の地下1階。隣にはポンパドウルというパン屋さんがあります。

黒地のロゴがかっこいい!天満屋饅頭のロゴが目印になっています。

ニューブランドと書いてあったのでついつい新しく作られたのかと思っていましたが、1970年ごろまで販売されていたそうです。

ところがなんと、レシピは残っていなかったそうで、それを1年ほどかけて再現したという思いのこもった一品だそうです。

まるごと
昔の味を再現するってロマンに溢れてて素敵!!
お店には、たくさんの「天満屋饅頭」が一つ一つ丁寧に小包装されて並んでいます。
とっても小さなサイズで、直径約4.5cm、厚さは2.2cmとお子様のおやつにもちょうど良さそうなコンパクトなサイズ。
まるごと
ぎゅうぎゅうに並んでいる姿もなんだかかわいいね!
天満屋饅頭は6個入り(税込330円)〜販売されています。
他にも、12個入り(660円)18個入り(990円)とあるので、多いのは手土産として喜ばれそう。
なんたって、愛すべき「天満屋」のロゴが入っているのでちょっとイイモノ感を感じられます。
購入するときに店員さんが教えてくださったのですが、この「天満屋饅頭」こんなに小さいのにこだわりがたくさん詰まっているんです!

「小麦粉=でぇ〜れぇ粉100%」

と書いてありますが、これは麦の一番真ん中の部分だけを使用しているそうで、

「ジャージー牛乳」に関しては、「ロイヤルジャージー牛乳」という高品質な物を使っているそうです。

店員さんも丁寧に説明してくださり、商品への愛が伝わってきました。
ということで6つ入り(330円)を購入してみました。
購入すると、まだほんのりあたたかかったので早く食べたい衝動にかられ早速開封。
手に持った感じがなんかちっちゃくて可愛い。
割ってみると中にはギュッと白餡が詰まっています。生地はフワッと優しい口当たりでミルクの味をほんのりと感じられます。
中に入ってる白餡も柔らかくて素朴な味がgoodです。
しっとりとしていて食べやすい、日本茶が欲しくなる優しいお味でほっこり。
まるごと
御茶菓子としては確かに最適かもしれませんね。お話のタネにもなりそうですね。
お求めやすい価格なのも好印象♪
また手土産として購入してみようと思います!ごちそうさまでした。
 
イイネ
↑2イイネ!されています。良い記事でしたら「イイネ!」クリックお願いします。
読み込み中...
最新情報をチェックしよう!